うちわの変形、アニマル型も

うちわの形というと、見慣れた日本古来のうちわが想像されます。

ですが、現在販売されているうちわの形態は変わった物が多くなっています。

例えばまるうちわ、これは持ち手がないうちわで丸型の穴が開いているタイプです。

軽量で持ちやすいのが特徴ですね。

他に動物の顔をデフォルメしたアニマルうちわなども評判がいいようです。

確かに子供などが好む形をしていますよね。

また、取っ手にまんまる形をしたうちわも販売されています。

うちわの目的は風を仰ぎ涼を取ることと、風情を感じることなどありますが、その他のイベントを楽しむツールという意味もあります。

その為、形状が変わったものも販売されているようです。

うちわの形状は本来伝統的なものですが、変わった形状のものや透明なもの、光を蓄えるもの、種が入っているものなど販売されています。

ちょっと変わったうちわを購入したい場合も、業者に依頼するといいかもしれませんね。

Comments are closed.